カフェウェディング

豊年祭りで賑わうこの季節は、
結婚式の多いシーズンでもあります。
週末を迎えると、
二次会に集まる若い方々の
熱気と喜びが
コトノハの中に溢れていて、
そこからパワーを
吸い取らせてもらってまス(笑)

結婚式や二次会といった
幸せ仕事が 私は大好きで、
司会の仕事を
長ぁ〜く続けることが出来たのも
〝好き〟に
突き動かされたからだろなぁ…
なんて思ってたりします。
司会業からプロデュース業に…
果ては
カフェのマダムに
そして…
カフェウェディングの
コンサルタントに…と
肩書きは少しずつプラスされても、
この25年
軸はいつもブレてはなくて、
ただただ、
結婚式とは
〝感謝をキチンと伝える場〟
だと思い続けているわけでス。

司会業を始めたばかりの頃、
ホントに小さな赤ん坊だった
私の娘や息子が 大人になり
家庭を持っても良いような
年頃になるに従って、
『お世話になった方々への
感謝はキチンと表さないとね…
ケジメだよね。
でも生活にはお金が必要だしね。
生活にかかるお金も大事にしなきゃね。』
などと、
〝お金かけて夢を買う〟結婚式から
〝シンプルでタイト〟な結婚式に
気持ちは移り……
で、結果、
今のようなコトノハの
『カフェウェディング』へと
行き着いたわけでス。
…んじゃぁさぁ、
なんでコトノハだと安くできるのよ?
と思うでしょ?
ふっふっふ…
どんな想いで
どんな形の
結婚式や披露宴がしたいのか
細かな打ち合わせから始まり、
前撮り写真、
招待状のデザイン、
結婚式当日の

20131022-201516.jpg
料理も

20131022-210748.jpg
コーディネートも

20131022-210840.jpg

20131022-210852.jpg
装花も
引き出物の熨斗かけやラッピングも…
ほとんどのことを
相方と私と妹の
ほぼほぼ三人で
新郎新婦やご家族にお伴します。

プロとはいえ、
新郎新婦やご家族を
ちゃんと知らない業者さんが
高いお金でする仕事も
それは立派なものだと
たくさんの現場を見て
よ〜く知っているので、
決して否定はしないし
尊敬もするのだけれど、
コトノハが創りたいのは、
新郎新婦の想いに
より近く寄り添う結婚式。

まだまだヒヨッコではありますが…
シンプルでタイト、
温かさは多分余りある程伝わるハズ…の
コトノハ〝カフェウェディング〟。
ホテルや式場とも
レストランとも違う
ホットな結婚式もあることを
どこか心の隅っこに
とめていて下さることを願ってまス。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.