さくらのチカラ

20120408-143121.jpg
日本人ほど
桜を愛する人種はいないって言うけど
ウチの母も
類にもれず桜を深く愛してる。
毎年 桜が咲き始めると
毎日 あちらが美しい
あの山のどこどこの桜はみごとだ
と、桜を追って出かける人だった。
「桜は散り終わるまで
これでもかこれでもかと
力いっぱい咲くから好きなんや。」
と毎年何度も聞かされた。
そんな母が
今年は
ベットから離れられないけれど、
それでも何とか
桜をみたいと
懇願し続けた。
病院の寛大な許しを頂いて
なじみの花屋さんにお願いして
病室の窓の外に生けてもらった。
頭を上げては
日に日に数を増す花に
「一生懸命咲っきょる」
と励ますように呟く。

私には
枕元の窓辺から
母を見守るように花をつける桜と母が
だぶって見える。

‥‥桜は散り終わるまで
これでもかこれでもかと
力いっぱい咲くから好きなんや‥‥

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment