どくだみ茶

20120614-163853.jpg
以前、司会者や講師の仕事を
バリバリやってた頃には
シャンパンやワインなどを
お土産に頂戴することが多かった。
一滴も酒を飲めないゲコなんだけど、
普段から酔っぱらいみたいに
ヘラヘラしてるからか…な。
ところが、
コトノハで
マダムという肩書きをもらい
キッチンで
児山氏 真鍋氏 の手伝いしたり
フロアで サトミ嬢の手伝いや
作家さんの作品に
ハタキをかけたり… と、
自分らしく居られる
安穏な場所におさまるようになって
不思議なことに
色んな方が届けて下さるお土産が
心から好きな物ばかりに変わった。
手づくりの木苺ジャムだったり、
庭のお花、キャラメル、
お味噌、ハチミツ、…
で、今日などは
どくだみ茶を頂戴した。

どくだみと言えば
お腹とお肌に良いから と、
祖母が、引き継いで 母が、
カラカラに干して
鉄瓶で煎じてくれてた。
子どもの頃から
暑い季節には冷やして
寒い季節には熱々を…
妊娠中には
毒を逃して
色白の子どもになるように…
とか話しながら淹れてくれてたな…。

つい何日か前
今年は誰も手をかけてくれなくなって
実家の裏庭で
伸び放題になってる
どくだみ草の白い花を眺めて
「母さんのどくだみ茶、
もう、飲めんのやな。
作り方 聞いておけば良かった。」
などと思ったところだったので、
余計に嬉しい頂き物だった。

鎧をとったら
毎日を楽しんで生きれるようになって
そうすると
出会える人との関わり方も変わり
その方たちから
喜びを沢山いただいて…
そう。らしく、、、って
とっても良い。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.