ヘェ〜これが萩焼⁈

20120731-151025.jpg
今日もお客様から
新しくはいってきた萩焼を手にとって
「これは何焼?」と
ご質問いただいた。
萩焼というと
枇杷色…
乳白色…
というイメージが強いようで
多くの方から
珍しいね〜
という声が上がる。
この碧は
鉄を釉薬に使い
1200度以上で焼かなければ
生まれない色なんだそう。
同じ色は出来なくて
同じ釜で焼いても
全て違う顔に仕上がるらしい。

20120731-171221.jpg
同じ皿でも
海の底から上を見渡してるような碧と
宇宙をイメージするような碧
絵の具の白を足したような水色
広がる世界が全部違うから
とても面白い。
ポタージュ
サラダ
スパゲティ
カレー…料理を引き立ててくれる
強い見方にもなってくれる青萩。
面白い器なのだ。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.