受け入れるってこと

20130416-143848.jpg
母が逝き
残された父は
認知症が急激に進み
今は虚空の世界に身を置いて
隠々と暮らしている。
忙しさを理由に
私は、
ただ一人の親を
専門家に委ねてしまっている
親不孝者の一人。
認知症が進むにつれ
転院を求められ
せめて 少しでも
父が暮らしやすい施設を…と
奔走の果て
今日 ようやく転居が整った。
「なぁ、父さん、
今度のここは
緑がいっぱいで気持ち良いなぁ…」
私の中にある
父を預けることへの後ろめたさを
振り払う気持ちも
多少抱えながら
そう問いかけてみた。

「私は母さんがおったら
どこでもかまん。
早よぉ母さんも呼んでやって。
こんな景色すきなんじゃ、あの人は。
昨日も二人でそんな話した。
日が暮れんうちに
戻って来るように言うてやらんと…
アレは 方向音痴やきに。」

父は
母のいない毎日を
受け入れることができず、
私は
虚空の世界で生きる父を
未だ 受け入れきれすにいる。

2 Comments

  1. かよさん、大丈夫ですか??
    いろんな事が重なってるようで、私はかよさんのお身体の方が心配になってきました。
    あんまり頑張りすぎゃいけませんよ(^^)
    お父様の為に奔走するかよさんは、決して親不孝なんかじゃないです!
    家族だからこそ少し距離をおいた方が良い時も、きっとある…私はそう思います。
    私にはその辛い立場を想像することしか出来ませんが、
    きっと大丈夫です。
    かよさんの手の温もりや声は、たとえ虚空にいても、お父様には届いていますよ。
    かよさんが、かよさんらしく居れば、天国のお母様も安心するし、お母様と、かよさんが笑っていれば、お父様もきっと幸せなんじゃないでしょうか。
    どうか、ご自分を責めないで下さい。

    かよさんの周りには、多くの支えがありますから、時には頼って、泣いて笑って、かよさんらしく過ごして下さい。心は丸く柔らかく…かよさんなら大丈夫です。
    では、また。
    美味しいランチやスィーツ頂きに行きますね(^^)

    Yuko

    Comment by Yuko — 2013年4月16日 @ 22:36

  2. おひさしぶりです。
    先日はコトノハで美味しいランチを食べてKayopuuuさんにもお会いすることができてラッキーでした。

    お父様がすごく優しい人だというのが一つの言葉の中に表れていて素敵だな、って思いました。
    相手を思いやる気持ちをストレートに表現できるKayopuuuさんのお父様みたいな人をうらやましく思います。

    Comment by Coco — 2013年4月22日 @ 23:17

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.