古我知焼

    
沖縄で紹介して頂いた
古我知焼。
北よりの 古宇利島の近くに
古我知という地名があって
そこで丁寧に作られている。
流行りなのか
今、沖縄は
青い釉薬の作品が増えているんだけど
古我知焼は
同じ青でも
淡い青が美しい気がする。
陶芸家 仲宗根志野さんの
優しい人柄か
古我知の土の色の為か…
いずれにしても
温かく
どこにでも 何とでも馴染みやすい青。
片口に惹かれ
小さな一輪挿しの壺に惹かれ…
自分へのご褒美がまた増えた(笑)
手前の
今にも恐竜が顔を出しそうな小壺、
ハーブソルトとか
トリュフソルトとか入れて
料理に並べたい!
頭で広がるイメージだけで
買ってしまっていた(笑)
古我知焼、
とにかく魅力的な焼物のひとつ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment