待っていたよ

まだかまだか
今か今かと
待ち焦がれていたよぉ。
よぉやく来たさ
今年の新米。

photo:01



羽釜の蓋をあけると
米のツヤが違う。
粒が立ち 輪郭が透き通った白さ。
湯気までが光ってみえるよぉ。
甘し
うまし

向かいに座る
相方のほころんだ表情が
多分私の表情そのもの。
大人になると
こぉゆ~ さもないことに
季節の移ろう楽しみを
味わえるようになるんだよなぁ。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.