目に映るもの

photo:01



ビストロDDの窓の下に咲いたタンポポ。
この花だってそう。
全速で ひたすら走ってたあの頃
見えてなかった景色
気付かなかった優しさ
思いやれなかった 人の痛み
それらが山のようにあったことに
近頃になって ようやく気付くことがある。
それだけ じっくり生きれるように
なり始めたってことか?

ある日 急に 立ち止まってみて
無くしたものも
とても沢山あるけれど

ゆっくり周りをみまわしながら
時間や 季節や 風や 薫を
たのしみながら
ゆっくり歩いていると
大事なものが
ちゃんと見えてくる。
大事な人たちが
すぐ傍に居てくれてることが
よく分かる。
愛しみながら生きる
そんな日々が重なっていってることが
心地良い。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.