終活カウンセラーなのだよ

  
会社の中の人しか知らないけど、
そして、それこそ、
『知らせてないから無いのと同じ』だけなんだけど、
終活カウンセラーなんだよ私。
ご年配のお客様に そっと寄り添うくらいしかしていないので、まだまだ地味〜な仕事の部分。
この資格にもランクが色々あるので、
『安心できる終活カウンセラー』目指して上へ上へ精進中。
アレコレと日常に終われてる間に試験の日がやって来てしまった(-。-;
心理カウンセラーの資格だけでは補い切れなくて、
法律的なお片付けや、保険の後始末の問題に
間違いのないカウンセリングを行えるように……と
お勉強を重ねてるけど、そもそも 数式が苦手なので、
結構辛い。数式見ると虫が這うんだよ、足に。

私の母は スキルス性の胃癌で逝ったのだけど、見事な幕のおろし方を教えてくれたと思う。
保険の使い方、遺品整理、仕事の引き継ぎ、墓、香典返しの品、そして極めつけは、まだ少し体力がある間に お世話になった方々をお招きしての サンクスパーティー…。
その生き様は見事であり、お手本だと思うけれど、
そんな終焉を迎えられる人は、幸せの極みなんだとも思う。
母の闘病中に 父は急激に認知が進み すでに 私を認識することは出来ない。父にまだ こちらの事がわかる間に、聞いておきたかったことが沢山あって、
こうして勉強を進めれば進める程 悔やまれる。

誰も明日の健康や 明日の命は約束されていないこと、みんなわかってるけど、終活はまだまだ……って
思っちゃうんだろうな。

さっ、試験だっ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.