理由はね・・・

 「佳代さんがキッチンに居るのは
顔みれて嬉しいし 安心するけど、
佳代さんも 水口さんも
キッチンに居たのでは、
世の中 何も変わらないよ。」
(世の中って…
あなた そんなに大袈裟な言い方しなさんな)

cafeコトノハを始めて四年、
昔なじみの人たちに
ずっと言われ続けて来た言葉。
こう見えて 平和主義だから
いちいち反論はしなかったけど、
「いいや、このキッチンから生まれものは
きっと大きいはずやッ!」
「新しい形のウェディングに
ぜったい変わるはずなんやッ!」と
心では ずっと そう思い続けてた。

9月から、トランジット実原シェフが
カフェをやって下さることが決まったので、
ようやく言えるんだけど、
カフェのキッチンは
私にとって とてつもなくしんどかった(笑)
だけど、この四年は、
蔵が三つ四つ建つ…いや
それじゃ足りない程の
『宝』の経験を
心に積む時間だったと思う。

ウェディングプロデュースとか、
司会者とか、
講師とか、
人材育成や派遣…
自分の中に構築したもので
長く仕事をさせて頂いて来たけれど、
cafeで お客様と接することで、
何を求め
何に喜び
何があれば満足して下さるのか…
とても学べたし、
頭のてっぺんから足の先まで
どっぷり浸かったウェディング業界が
俯瞰で見ると どんな状況にあって、
これからどうなり、
何が必要か……
それも お客様の声から
実際に感じさせてもらうことが出来た。

そして、
その経験から生まれた
『カフェウェディング』というカテゴリーや、
これからのカスタマイズウェディングが
どうあれば良いのか…の
土台は 全て出来上がったと思う。

四年前、
まだまだウェディングは華やかで、
式場で結婚式する人は沢山いたけれど
「いいや!絶対時代は変わるからッ!」と、
相方のフォトスタジオを改築して
カフェをはじめ
ランチにいらっしゃるお客様に
小さなウェディングをお勧めしたけど
なかなか相手にされず…(笑)
時に相方と二人
読み間違えか?…と凹み(笑)
年々カフェウェディングのお客様が
大幅に増えてきていても、
内心は まだ確信が持てず
「ほらねっ‼︎」と 不安を消す為に
あえて二人で強がり(笑)
みたいな四年。

昨日、リクルートさんが訪ねて下さって、
新しいカテゴリーのお話ができ、
ようやく 堂々と胸が張れた(笑)
(そう。実は心臓メッチャ小さいのだよ)

これからは、
結婚式場に行く人と
小さなウェディングを選ぶ人が
きっちり分かれていくだろうと思う。
町おこしウェディングも含め、
カフェや小さなレストランで
カスタマイズウェディングを望む人が
もっともっと増えていくと思う。
そうすると 必要になるのは、
式場と違って、
カスタマイズウェディングに対応できる
人間力が高く 頭の柔らかいプロデューサー。

世はまさに 国を挙げて
女性の社会進出を後押ししてる時代で、
人生経験の豊かさが職場で生かされる時代。
働く場を作るのも
働く人をつくるのも、
お客様に喜んで頂ける時間や場所を作るのも、
私の最後の役目な気がしてたりする。

これまでの人生の中で、
犠牲にしたことや迷惑かけたことを、
許してくれた人や 受け入れてくれた人、
協力して下さる人や
手を差し伸べて下さる人に、
恩返しができるように…。

たいしたことはできないけど、
講座を再び開講することで、
誰かの役にたてたら
ちょっとは 生きてきた甲斐がみえるかも。
そんな想いで 講座をひらきます。
少しだけ勇気を持てれば 未来は変わる…んでス。

優れた能力も
機会が与えられなければ価値がない
by ナポレオン

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.