67年の時を経て

20120703-221753.jpg
紅型作家を訪ねる道すがら
沖縄の南っかわ
喜屋武(きゃん)岬。
67年前、
ここで自決を選ぶしかなかった
人々の想いが
この碧の中に眠る。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment