水を大量に使う洗濯機の水漏れ

日々の生活の中で欠かせない洗濯機は、水のトラブルを起こすととても大きな被害を生み出します。すぐにトラブルの解決が必要ですが、チェックする場所はいろいろとあり、なかなか判別がつかないことも出てきます。どんな場所がトラブルの元になるのか、重点的にチェックするべき場所を覚えることが重要です。場所を覚えておけば異常も察知ができますし、対応も素早くできるでしょう。時間をかけることが被害を広げる要因となるため、知識を身につけて対応をすることが求められます。

■洗剤ケースで水があふれ出す

洗濯機は毎日使うことも多い機械です。水漏れする箇所はいろいろとありますが、その中でも注意しておかなければいけないのが洗剤ケースです。
洗剤ケースは、単に洗剤を入れておくだけではなく、水とともに流れる構造です。洗剤が固まってしまうと水は流れ出なくなり、あふれてしまいます。粉末洗剤は湿度の影響を受けやすく、どうしても固まりやすい性質を持っています。気が付いたら排水部分に洗剤が固着して、流れを遮ってしまうことも珍しくありません。なかなか水漏れが起きるとは想像をしづらい部品ですが、定期的に点検をするのが一番の対応方法です。
点検方法は、ケースを見てみるだけで済みます。固着している状態が見られないか、ケースの裏側部分まで見るのがポイントです。

■フィルターの詰まりが影響を及ぼす

洗濯機はどんどんと高機能化してきています。さまざまな機能が増えれば、それだけ仕組みも複雑になるのが常です。その一つとして、ごみのフィルターがあります。洗濯している間に出るごみを受ける機能はいろいろとありますが、詰まるとごみが取れなくなり、ホース内にも流れて詰まる原因を作りだします。これが水漏れの原因となるため、定期的な点検と掃除が必要です。
排水ホースで詰まると、適切に排水できません。内部から流れなくなるだけなら問題も小さくて済みますが、逆流でもすれば大変な事態へと発展します。大量の水を使うため、被害がどんどん拡大してしまうことを忘れてはいけません。

■まとめ
洗濯機は水を大量に使い、複雑な構造を持つことにより、トラブルへと発展しやすい機械です。洗剤ケースの中で洗剤が詰まってしまえば大量の水は行き場を失い、あふれ出してしまう恐れがあります。また、水道と直結している分、フィルターも詰まると適切に排水できなくなってしまいます。いずれも日常的なチェックが大切ですので、異常がないか何気ない変化も見逃さないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ