生活の中で欠かせないキッチンでの水漏れ

毎日水を使う場所として、家庭の中で欠かせないのがキッチンです。水回りの代名詞とも言える場所ですが、使用頻度が高くなると、その分だけ故障の可能性が出てきます。使用頻度が高くなれば内部の部品が劣化するため、傷んだ部品は交換などを考えなければなりません。しかし、状況が目に見えて分からず見逃す場合もあるので、ある程度の年数で交換することを覚えておくと安心です。

■蛇口の水漏れは消耗品の交換から

キッチンの中でも蛇口周りは使用頻度が高く、摩耗も激しい部分です。賃貸物件などでは消耗品として扱われるため、自分で交換をすることが明記されるのも珍しくありません。それほど水漏れも起こりやすい場所で、消耗品の交換は定期的に行うのが安全です。
蛇口の水漏れが判明した時に注意するのは、消耗部品としてのパッキン周りになります。パッキンはゴムのパーツで隙間を埋めるために使われていますが、常に水に接するため、どうしても劣化して柔軟性を失うのが問題です。交換自体はそこまで難しいものではありません。複雑な機能を持った蛇口の場合には、パッキンの他にも交換をする必要が出てきます。10年近く使うと、他の部分の摩耗も進むので、蛇口本体の交換も考えておけば間違いありません。

■排水管から使った水が漏れていく

キッチンでは排水管から水漏れするケースも考えられます。見つけ方としては、臭いがポイントです。使った水を流す排水管は、水の中に食事を作るときや洗いものをしたときに出た物質が混ざるため、どうしても臭いが発生します。排水管から水が漏れてくれば、この臭いが出てくるため、異変に気が付くことができます。音などもありますが、シンクの下は定期的にのぞいてみるのがおすすめです。
排水管の場合、分割できるパーツで構成されていれば、自分で交換をすることもできます。そのままにしておくと排水側から異臭がするだけではなく、害虫の侵入も許してしまう場合が出てくるので、早急に交換をすることが大切です。食事を作る場所としても衛生的な影響を及ぼすため、自力で交換ができなければ専門業者に依頼をして修理してもらった方が良いでしょう。

■まとめ
キッチンは生活に欠せない場所です。毎日使う箇所となっているので、水漏れが起きていないかどうか、日々注意して観察をすることが求められます。ほんのわずかな異変が、実は大きなトラブルの前兆につながる場合も出てきます。この程度は修理の必要がないと考えず、異変を見つけたときにはすぐに修理をして回復させることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ